大腸がんになったら早期発見して転移させないようにする

最先端のがんの治療方法

手

がんになってしまう原因は、近年の医療ではまだわかっていません。規則正しい生活習慣や食生活に気をつけることが大事と言われておりますが、そのようなことをしてもがんになってしまう人もいます。ストレスが原因ともいわれていますし、わからないことがたくさんあります。そのため、確実な予防方法がないので難しい病気でもあります。

がんを発症したら治療することで取り除くことができますが、進行が早くて見つけることが遅かった場合は、手術で取り除くことができないときもあります。そのようなときは進行を遅らせるために抗がん剤を使用して、死亡するまでの時間を稼ぐことしかできません。できるだけ早期発見して、手術で治療することが大切になります。

最近では医療技術が発達してきており、手術でがんを切除できなくても治す方法が発見されました。それをNK細胞療法といいます。NK細胞療法というのは元々人間の中にあるNK細胞という細胞を活かす療法で、がんを直接攻撃する特徴があります。そのNK細胞を培養して増殖させて人間の体内に入れることで体内のがんを除去します。自分の細胞を取り出して再び体内に戻すため、副作用なくつらい思いをせずにがんを治療することができます。NK細胞療法は良い組織を傷つけることがないので、1番効果的ながんの治療方法といわれていますが、保険が効かないこともあってNK細胞療法は高額な治療費がかかることがあります。事前に情報を調べておくことが大切になります。