大腸がんになったら早期発見して転移させないようにする

喉に発生するがんとは

女性と看護師

咽頭がんの原因は喫煙と飲酒の影響を強く受けることがわかっています。若い頃から喫煙をしていて続けている人は、咽頭がんになりやすいことがわかっていますし、ヘビースモーカーの人もなりやすいです。タバコを吸う量を減らしたり禁煙することで咽頭がんになる確率を下げることができますが、タバコは依存性があるので辞めることは難しいのが現状です。飲酒が咽頭がんの原因になるのはアルコールが原因といわれており、過剰に摂取してしまうと発症させてしまう危険があります。飲酒もタバコと同じく依存性があるので、辞めるのが難しいのが現状です。

咽頭がんは喉にしこりができるのが特徴ですので、喉にしこりができて違和感が現れたら病院に行って検査してもらうことが大切です。検査してもらうことで早期発見することができ、早急に治療することができます。すでに進行が進んでいたら手術で治療することができませんが、早い段階であれば治療することが可能となってします。そのため、できるだけ早く病院にいって早期発見することが重要です。

運動不足が原因でも咽頭がんになってしまう可能性を高くしてしまうので、運動する習慣を生活に取り入れることが必要です。運動をすることで様々な病気やがんを予防することになるので、できるだけ取り入れることが大切です。運動といっても軽い運動で大丈夫ですので、長時間のジョギングなどをしなくてもウォーキングなどの軽い運動でも大丈夫です。