大腸がんになったら早期発見して転移させないようにする

大腸にできてしまうがん

2人の入院患者と医師

大腸がんは日本人が発症してしまうがんの中でも、比較的発症しやすいがんとなっているので、発症させないように注意することが大切です。大腸がんの進行はがんの中でもゆっくりと進むため、早期発見ができれば手術で取り除くことができます。しかし、早期発見ができなければがんが進行してしまい、手術で取り除くことが不可能となってしまう場合もありますし、がんが転移した場所によっても手術ができないときもあります。そのため、早期発見してがんを転移させないようにしなければなりません。

大腸がんの原因は主に食生活の乱れが原因とされており、欧米化した食生活が原因ともいわれております。野菜やなどの低カロリーを摂取する機会が多かった日本食と比べて、欧米の食事は肉中心で高カロリーの食事が多いです。このような食事をたくさん摂取してしまうと、様々な病気になってしまう可能性が高くなってしまい、大腸がんを発症してしまうことにもなります。できるだけ健康的な食事を摂取することを心がけることが大切になります。日本人の本来の食事である日本食を食べることで、がんの発症のリスクを抑えることができます。

どんなに健康的な食生活にしても、遺伝で大腸がんになってしまうときもあります。家族や親戚でがんになってしまった人がいるのであれば、自分もがんになってしまう可能性が高いので注意が必要です。大腸がんになっていなくても、がんになってしまった人がいたら注意です。

喉に発生するがんとは

女性と看護師

タバコを吸い過ぎたりお酒を飲み過ぎたりすると、咽頭がんになってしまう可能性が高くなってしまうので、できるだけ控えることが大切になります。また、運動する習慣を生活に取り入れることも大切です。

More Detail

腹痛などを発症した場合

男女

都筑区の内科では腹痛などの症状を診てくれるので、そのような症状を発症してしまった場合は気軽に受診することが大切です。内科の種類はたくさんあるので、自分に合った病院を見つけることが大事です。

More Detail

最先端のがんの治療方法

手

NK細胞療法というがんの治療方法は、自分の細胞を使う治療方法なため副作用がありません。つらい思いをせずにがんを除去できるので、人気の治療方法となっています。しかし、保険が適用されません。

More Detail